2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LiveView ファームウェア更新

先日待望のソニエリLiveViewの公式ファームウェアアップデートがリリースされました。

SO-01B等のファームウェアアップデート同様、Sony Ericsson のアップデートサービスを使います。すでにインストールしている場合は起動するだけで最新の情報がダウンロードされます。

起動すると、ちゃんとLiveViewデバイスが選択できるようになっています。

 20110128a.jpg

選択して進むと、LiveViewを接続して右ボタンを押しながら電源ボタンを押す様指示が出るのでその通りにするとLiveViewがDFUモードとなり、ファームウェアが更新されます。

 20110128b.jpg

今日昼前頃アップデートして半日程度使ってみたところ、003SHとの組み合わせの場合切断が全く無いわけではありませんが、明らかにBluetoothの接続が切れにくく、接続速度も速くなっており、動作もきびきびとしている気がします。アイコン選択の移動速度がえらく速くなっていたり、Remote Cameraプラグインのプレビュー画像のフレームレートが上がっているのが分かります。

LiveViewユーザーは是非アップデートしておきましょう。

ちなみにLiveViewのアイコン下に出る文字等は本体側でイメージが作られてLiveView側に転送されており、フォントは本体のフォント設定に影響されます。下の画像は左が003SH、右がXperiaとの接続です。

 20110128c.jpg

カレンダープラグインで見ると違いが顕著に出ます。

 20110128d.jpg

LiveViewはなかなかいじりがいのあるデバイスです。

スポンサーサイト

| デジタル小物 | 00:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくり開発中

新作LiveViewプラグイン、ゆっくり開発中。まだまだ技術的検証や設計段階で、公開出来るのはたぶん一カ月ぐらい先になりそうですが。

20110123.jpg

設計通りに作る事が出来れば、LiveViewの活用をさらに広げる事が出来る様になると思います。実験的な事もやっているので、フルでやってしまうとLiveViewも本体も結構な負荷をかけてしまいそうですが、面白いのは面白いと思います。

どんなプラグインが出来るかは出来てからのお楽しみ。

話変わってうっすら画面オンでスリープしていなかった003SHですが、前はなにもしていないのに数時間で電池半分消耗していたのが、今日は朝充電機から外してほとんど使っていない状態で夜中3時頃70%くらい電池が残っていました。不眠症が再発すると怖いので、はやい所修正したアップデート出して欲しいものです。

| 開発 | 05:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Android FC2投稿アプリ

Android用FC2投稿アプリがあったので試し投稿。

フリック入力、Android買ってから練習し始めてまだまだミスも多いけど、だいぶ快適に入力出来るようになってきました。

話変わって003sh、最近電池の減りが異常に早く、朝満充電が昼にはもう35%とか。アプリひたすら削除したりや設定で通信抑えてもあまり効果なし。さすがにおかしいな~と思い調べていると、

「スリープ時、うっすら時計が見えていませんか?」

の情報が。

え~?と思いながら蛍光灯にあてながら液晶をよ~く見てみると…

・・・ロック解除画面がうっすら見えとる!!ヽ(゚Д゚)ノ 全然スリープしとらんのなら、電池もすぐなくなるわな~。

どうやら、シャープ製アンドロイド端末の不具合らしい。早く修正アップデートだしてくれ・・・ 一回再起動しても直らなくて、二回再起動したらちゃんとスリープ時画面が消えるようになって電池の減りがゆっくりになりました。

さて、ちゃんと投稿できるかな。

| 日記・コラム・つぶやき | 02:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LiveView Remote Cameraプラグイン更新

大体ソフトをリリースすると、直後にばたばたと連続して更新する事が多いのですが。

以下の点更新しました。

・画像保存処理の修正
・Exif情報のファイルサイズを追加
・ファイル名を日付時刻.jpgに修正

後、トライアル版の文字を少し小さくしてみました。

トライアル版でほとんどの事が出来てしまうと有償版売れないし、機能制限かけたとして、有償版で制限が解けた部分が実は動かなかったなんて事もあってほしくないし(トライアル版は動作確認目的なので)、なかなかトライアル版をどう制約づけるかが難しい所です。

画像保存処理、メモリ不足の場合落ちていたのですが、品質固定にする事で保存できるようにしました。ファイルサイズでかくなってしまいますが、保存出来ないよりはましだろうと思って。とりあえずXperiaと003SHで最高画質で保存出来る事を確認してます。

とりあえずRemote Cameraプラグインはこれで気になる所は大体実装・修正出来たので、そろそろ次のプラグインのコーディングにとりかかろうと思います。

話変わってXpera、まだマルチタッチ対応していなかったんですね・・・。ブラウザとかでズームとか一生懸命やろうとして出来なくて「あれ~?」とやってしまいました。近いうちにマルチタッチ対応アップデートが出るらしいですが、Android のバージョンも2.2になるとしたら、2.1の評価環境用として残しておく必要があるのでアップデートは出来ないな~。意表を突いて2.3のアップデートが出たら・・・いやいや、その場合はXperiaは2.1のままにしといて、2.3評価用として新しいデバイスを物色するかな(笑) その為にも良質ソフト開発して資金稼がねば。

| 開発 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Xperiaがやってきた

世界からの「動かんぞゴルァ」の重圧に押されて、早速昨日昼にXperia白を落札して、今朝届きました。迅速な対応ありがとう!>出品者さん。おかげでLiveView Remote Cameraプラグイン、不具合修正出来ました。

20110114a.jpg
20110114b.jpg

エラー落ちする不具合はすぐに直ったのですが、フラッシュライトが動かない事が判明。カメラAPI経由でフラッシュライト制御しているのですが、Xperiaだとハードウェア制御でないと光らないみたいです・・・。その機能を追加するのに少し時間がかかってしまった。

実機があればすぐ対応できるのですが、実機が無いとデバッグ無理ですね(なんでこんな所がエラーに。って所でエラーが出てる)。今後もAndroid 2.3とか3.0とか他のメジャー機種とか出て来て「動かないんだけどぉ」とかなるとやだなぁ。ソフトそこそこ売れても、端末代に消えて儲けは無し・・・となりそう。まぁ、考え方はそのためのサポート代=ソフト代なんですけどね。

というわけで、LiveView Remote Camera、Xperiaで動作する様になりました。他のAndroid 2.1端末でも動く様になっているのではないかと思っています。

しかし、Android端末の凄さを実感しました。まったく別のキャリアのまったく別のメーカーの端末を入手しても、同じAndroidなので操作がすぐ分かる、電話帳やカレンダーがすぐ同期される、以前購入したソフトもAndroid Marketからすぐ入れなおせる、って感じであっと言う間に003SHの環境がほぼ複製出来て使えるようになりました。まぁ、逆にいえばどの端末でも差が無い=特徴が出しにくいと言う点はありますが。

で、次のソフト開発にも取り掛かっています。

20110114.jpg

仕様案をラフスケッチ中。次作もLiveViewソフトの予定です。

技術的なおまけ(続きに記載):

≫ Read More

| 開発 | 16:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Liveview Remote Camera更新

昨日公開したLiveView用Remote Cameraプラグインですが、早速アップデートしました。

サイレントモードの追加。シャッター音無しに撮影が出来ます(ただし、選択出来る解像度は下がります)。少なくとも003SHでは本体画面オフ、音無しで撮影が出来てしまいます。くれぐれも悪用はされない様に(ry

-----

早速、Xperiaで動かないとの報告が上がってきています。この報告も、世界レベルですぐフィードバックが戻ってくるのが世界で公開している感があって凄いですね。英語、スウェーデン語、日本語の3件で報告がありました。

Windows CEの時も大変でしたが、デバイスやOSのバージョンによって不具合が発生して、実機が無いと検証出来ないケースが出てくると厳しいですね。Xperiaとの相性なのか、Android 2.1との相性なのか。動作確認は003SH / Android 2.2とHTC Aria / Android 2.2(ただしAriaはLiveView自体が動作不安定なので、とりあえずカメラ画像が出るのを見た程度ですが)で行っているのですが、やっぱりAndroidでもデバイスやOSバージョンで動作が違ってくるんですね。

LiveViewの開発を続けていく上ではXperia(元々LiveViewはXperia向けデバイスなので)は最低限抑えておきたい所なのと、異なるOSバージョンでの動作確認用としても今後サポートしていく上で必要になってきそうなので、Xperiaを近々入手して不具合原因調べてみようと思ってます。幸い、Xperiaはオークションで2万前後で流通しているみたいですし、SIMカード無しでも動作させる手段がある様なので。

前途多難だ(^-^;;;

| デジタル小物 | 03:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Android Market初進出

年末年始はAndroid開発ばかりやっていました(やっていましたとは言え日中は仕事だったり子供が邪魔したりで出来ないので深夜集中ですが)。

で、ようやく初Androidソフト出来て公開する事が出来ました。Android Market初公開、緊張した。初のソフト開発でもあるので、色々分からない事が多かったり不明な動作に悩んだり。公開が世界レベルってのも・・・。

本当はもうちょっと機能詰め込んだり精度上げたりもしたかったのですが、とりあえず一旦ここで公開。ソフトのアイデア一杯あるので、そろそろ次のにとりかかろうかと。

今回公開したのはSony Ericsson LiveViewデバイス用Remote Cameraプラグイン。LiveViewからAndroidのカメラが制御出来ます。APIとか調べているうちに「あ、こんな事も出来るんだ」「これも出来そう」とかなってしまって、全然終わらない。サイレント撮影モードも入れようかと思ったけど、きりが無いので一旦ここで。市場の反応とか見てまたバージョンアップとかして行こうと思ってます。

20110113.jpg

今回詰め込んだ機能は

・撮影内容の確認/撮影
・解像度の変更
・GPS情報の写真への埋め込み
・フォーカスの変更
・フラッシュの変更
・セルフタイマー(5秒/10秒)

参考書の購入やらなにやらで最近出費が多いので有償にしていますが、Android Market最低設定可能価格の99円にしています。出来栄えは十分満足して頂けると思いますが・・・他の端末でどれくらいまともに動作してくれるかが不安な所です。Android Marketにはエラーレポートのページもあって、強制終了などでレポートが上がってきた場合の件数や統計等も出してくれます。開発する上では助かるけど、精神的に宜しくない・・・

003SHでは(LiveView自体のリンク切れとかはあるものの)結構快適に動いてくれます。まぁ、フレームレートは2FPS程度ですけどね。十分使えます。電池の消耗が気になっていましたが、LiveViewの電池も結構持ちます。開発時ちょくちょく触っていましたが、2日くらいは電池持ちます(夜間はオフで)。

003SHでしか確認出来ていませんが、本体の電源オフ(画面オフ)の状態でもカメラ制御出来ます。さらにサイレントモードが付いたら色々できちゃいそうなので、くれぐれも悪用はしない様にお願いします。

LiveViewのAPIも色々調べたところ、画面の常時オンとかも出来る事が分かりました。電池やELの寿命もあるのであまり使えませんが、色々出来そう。

少し休憩したらまた次のソフト開発にとりかかります。次もやっぱりLiveViewプラグインになる予定ですが。今度は時計としての機能を充実させる予定。

早くLiveView安定ファームだしてくれないかな~。

| 開発 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長女のかあしゃん宛の手紙

長女(ちぃちゃん)は先日4歳になったばかりで、まだひらがなも少し読める様になったくらいです。

そんなちぃちゃんが、メモ帳に何やら書いていました。

ね「何書いてるの~?」

ちぃ「かあしゃんに手紙書いてるの」

20110103a.jpg

まだ文字が書けないちぃちゃんが、何を書いているのかな~と思い覗きこんでみると・・・

20110103b.jpg

・・・!

ば、バイナリーコード!?(違)

将来が楽しみです。

| 日記・コラム・つぶやき | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sony Ericsson Liveviewのポテンシャルを測る

あけましておめでとうございます。今年はブログもうちょい頻繁に更新出来るかな。内容は相変わらず一部のコアな人向けになると思いますが・・・。

今年はAndroid開発を頑張っていこうと思っています。

さて、今年一発目のコアな記事。LiveViewのポテンシャルを探ってみたいと思います。

LiveViewのアプリ開発の為、SDK付属の資料を見たりサンプルプログラムをいじっているのですが、LiveView、結構凄い潜在能力持っています。これで、電池の持ちとBluetooth接続性が改善されたらかなり素晴らしいデバイスになるのですが・・・。

通知LEDですが、通知LEDと言いながら腕に付けた際は光っているのが見えにくい位置にあるのが残念ですが、赤・青・緑の3色のみかと思いきや、RGB565で色指定が出来ます。とはいえ、そんなに良いLEDではないので白を指定してみてもきちゃない明るい紫になるぐらいですが。

20110102b.jpg

GBを最大にしたCyanは結構綺麗に水色が出ます。

20110102a.jpg

写真では分かりづらいですが。他にもAPIを見ているとボタン押下は短押し、長押し、ダブルクリックがサポートされていたり(長押ししても短押し通知後長押し通知になるのがいまいちですが・・・DOWN/UP通知にして欲しかった)、画面は128x128、256色パレット表示であったり、バイブ制御も長さを指定出来たりと色々面白い事が分かります。資料の説明不足やミススペルがある点がデバイスの不完全さの不信感を加速させますが・・・。

画面表示ですが、リアルタイム性は全く無いと思いきや、結構な速度で画面再描画出来ます。サンプルプロジェクトで小さいマイク(★1)をアニメーションするのがあって、「あれ?こんなアニメーションも出来るんだ」と思ってどれくらいの更新が出来るのか試してみました。

まだ簡単なテキストの更新程度しか試していませんが、調子が良いと平均17FPSくらい出てました。

20110102c.jpg

ただ、この頻度で処理を行うと更新がカクカクになったり止まってしまったりと不安定になります。でもまぁ、電池の消費は別として結構色々出来そう。

引き続き、接続の安定性が改善される事を期待しつついじって行きたいと思います。

★1)Androidの緑のヤツの名称なんだろうと思って検索したら、「名は無い」んですね。Google中の人はマイクと呼んでるらしいので、マイクにしときます。

| デジタル小物 | 04:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。