PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Fossil改良プロジェクト Part1

予備用のAbacusの電池が死んでしまったので、なんとか復活できないかとPD3032の電池を購入できないか、 某電子パーツ屋や某工房、某電池屋にあたってみましたが、電池の入手は失敗に終わりました。

もう少し入手経路が確保できないか調査しても良かったのですが、どうせ電池交換するなら改良してみようと思い、 Abacus改良プロジェクトに取り組んでみました。

P1030172

※良い子は真似しない様にして下さい



Abacusには3.7v 180mAhの電池が使用されているので、これと似たバッテリーを探してみました。

大阪日本橋の電子パーツ屋、共立で3.7v 550mAhの充電回路内臓型電池が売られていたので今回はこれを試してみます。 サイズ的にも薄くてよさそうです。

P1030138

iPod shuffleやiPod nanoの電池も3.7v充電回路内蔵型の様ですので、 こちらも入手し易くサイズも小型で使えるかもしれませんが、試される方は本当に充電・保護回路内臓か、 Abacus経由で充電がちゃんと出来るか分かりませんので自己責任でお願いします。

と言うか、私がブログに書いている事を真似されて何か起こっても知りませんので。リチウムイオン充電池は特に、 充電回路がちゃんとしていないと非常に危険なので注意して下さい。

まず、本体を時計から取り出し元のバッテリーを取り外します。

P1030139

取り外す際バッテリーがショートしない様注意しましょう。また、余分なパーツまで外してしまわないよう注意しましょう。

今回私は100wの半田ごてで半田吸い取り器で半田を吸い取りながら外しました。バッテリーは死んでいたので空っぽです。

元のバッテリーを取り外した後、代替のバッテリーを取り付けます。

P1030141

今回は共立で購入した3.7v 550mAhのバッテリーを使います。メーカーはSTL Japan、 型番はLI-355SPですがネットで検索してもあまりヒットしないので詳細は不明です。

本体をケースに戻します。

P1030143

バッテリーは入らないので、外部に設置します。
リード線を外に引き出す為に、裏蓋に少しニッパで穴をあけました。裏蓋はかなり硬いので専用工具があれば専用工具を使った方が良いです (ニッパだと裏蓋が曲がってきます)。

P1030144

とりあえずバッテリーを両面テープで裏蓋にくっつけてみました。

P1030145

つけてみるとこんな感じ。

P1030149P1030147

一晩充電後使用してみていますが、充電も出来上手く動作している様です。

P1030150

日曜日午前7時から、操作はあまりせず主に時計表示(NfBWatch)で使っていますが、火曜日22時現在(約63時間) バッテリー残量は61%です。標準電池ではないのでどの程度正確か分かりませんが、電池が切れるまで使ってみてまた報告します。

電子機器は電圧が小さくても簡単に発煙・発火・爆発しますので改造される場合はくれぐれも注意して下さい。

| 日記・コラム・つぶやき | 11:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして(かな?)
『腕ぱーバカ一台』というブログを公開している
高田潜水艦と申します。
すごいですね! >外部バッテリー
わたしもAbacusモデルを愛用していまして、
そのうちバッテリーが死んでしまうのかなぁ..
などと思うと、このくらいの覚悟はしないと
いけないかもしれませんね(笑)
縮退方向のWristPDAですが、一緒に盛り
上げていきましょう☆★
またいろいろ参考にさせて下さい!

| 高田潜水艦 | 2006/06/28 12:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nefa.blog117.fc2.com/tb.php/155-f415ab01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。