PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Fossil改良プロジェクト Part2

バッテリー改良で外部にバッテリーを設置しましたが、不恰好なので少しですが見栄えを良くしてみます。

P1030146

レジンを使って隙間を埋めてみます。

今回フィギュア作成やプラモデル作成のサイト・本を参考に初めてレジンを使ってみているので、手順や出来栄えは参考程度に。
詳細は専門のサイトや本がありますのでそちらを見てください。



まず、元となる形を作ります。今回は扱いやすいスカルピーを使っています。電池の上下に時計本体とマッチする様に形を作ってみました。

P1030151

大体の形状が決まったら、オーブンで120度で15分ぐらい焼き上げます。

P1030153

焼きあがったらナイフやサンドペーパーで形を整えます。

P1030154

形が出来上がったらシリコンで型取りします。ブロックで囲いを作り、油粘土に原型を半分埋めてまず半分の型を取ります。

P1030155P1030156

最初シリコンに入れる硬化剤の分量を間違えて失敗してしまいました(^-^;;; 位置あわせ用のくぼみもつけるの忘れてました(^-^;;;

半日後、油粘土を取り外します。が、 私が購入した油粘土は型取りにはむいていなかったらしくシリコンにべったりくっついてしまって外すのに苦労しました(^-^;;;

P1030157

もう半分の型をシリコンで取ります。この時離型剤をかけておきます。

P1030158

さらに半日後シリコンが固まったらバリを取ってぺりぺりと中央から剥がし、原型を取り出します。これでシリコン型の出来上がり。

P1030165

出来上がったシリコン型にA液とB液を混ぜたレジンを流し込みますが、 最初通り道を作って流し込む方式でやったら上手くいかなかったので(途中で詰まってしまった)、たい焼き方式でやりました。

使用したレジンは少量なので目盛り付のスポイトで計量して混ぜました。使ったレジンはキシレンフリータイプのハイキャスト。

P1030169

10分程してレジンが固まったら、型から取り出してバリを取ります。

P1030170

カッターナイフとサンドペーパーを使い、形を整えます。原型そのままの形が出来てきました。なかなか楽しい。 原型の方は型からはずす際ぽっきり折れてしまいました。

P1030171

試しにあわせて見ました。ばっちりです。

P1030172

エアスプレーで色を塗ります。

P1030174

乾いたら仕上げにつや消しトップコートを塗ります。

P1030175

これで完成です。初めてにしてはなかなか綺麗に出来ました(^-^)

P1030176P1030178

隙間を埋めた事で電池の角が直接腕にあたらなくなったので装着感も良くなりました(^-^)

P1030180

厚さは5mmぐらい増えた感じです。USBコネクタのカバーもちゃんと開きます。

P1030181P1030182

後はこれからの季節暑くなるので暑さ(汗)対策もしたい所です。

| 日記・コラム・つぶやき | 10:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

腕パが・・・!((((;゜Д゜)))

PING:
BLOG NAME
【新幻想的独り言2】  『Fossil改良プロジェクト Part2』 ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!

| | 2006/06/27 16:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nefa.blog117.fc2.com/tb.php/156-5013cf89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。