PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くれぃどるを自作する

先日購入したLogitecのWiFi Skype端末ですが、待機時間が30時間(箱表記によると)なので、 電源つけっぱなしにしておこうと思ったらこまめに充電しないといけない。でも、 充電するには端子カバーをはずして線をつながなくちゃいけない。これだとカバーがへたりそうだし、 線をつなぎっぱなしにしておくとせっかくの無線端末なのにひも付きになってしまう。

やっぱり、スマートにコードレスホンの様に普段はクレードルで充電しておき、使うときはさっとクレードルから持ち上げて使い、 使い終わったら元に戻すスタイルで使いたい。

でも、クレードルの発売は未定。

なら、暫定的にでもクレードルを作っちゃいましょう。

P1030266

って事で、例によって自己責任で、良い子は真似をしない様お願いします。



クレードルはある程度重さがないと倒れてしまいますので、今回は乾燥後硬化する粘土で作ってみます。 東急ハンズで購入した大理石調の粘土で硬化すると石の様に硬くなるタイプです。

充電端子ですが、端末の下側に携帯同様充電用端子が出ていますので、ここに電圧を加えてやれば充電できます。 付属のAC→ミニUSBが5v 1Aなので、 恐らくクレードルもミニUSBの端子がついてそのまま本体端子に電気を供給する単純なものであると想定できるので、 本体下側の端子に約5vの電圧を与えてやれば良いだろうと言う事で作ってみます。

昔使っていた携帯電話のACアダプタとクレードルがありましたので、これを流用してみます。

P1030254

携帯充電器の電圧が5.4v、0.6AなのでACアダプタもこのまま使えそうです。 クレードルをばらすとこんな感じの単純なつくりになっています。

P1030255

端末の端子と位置を合わせてみると、大体同じ位置になっていました。このまま使えそうです。

P1030257

ただ、端子の正負が逆になっていたので、カッターナイフでパターンを削って線で逆につなぎ変えておきました。

P1030258

基盤を囲むように粘土でクレードルの形を作っていきます。粘土の材質によっては伝導性がありますので、 基盤はビニールテープ等で絶縁処理をしておきましょう。最初そのまま粘土を貼り付けていたら、 ショートして一部線が焼ききれました(^-^;;;

P1030259

端子部はこんな感じ。本体と合わせながら形を調整していきます。

P1030260

後ろはこんな感じ。黒いのはACアダプタの端子を接続する口。

P1030261

プラスチック基盤でガイドを作り、端末がスムーズに、ちゃんとした位置に納まるようにしてみました。これで完成です。

P1030263P1030264

 

本体をおくとこんな感じ。

P1030266P1030267

これで使いやすくなりました(^-^) とはいえ、 元々携帯でも通話はほとんどしないのでSkype端末使う機会もあまりないんですけどね~(^-^;;;

電気を扱う工作は気をつけて行いましょう。

| 日記・コラム・つぶやき | 10:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだかお洒落なクレードルですね。Skype を使うとなると室内が多いと思いますが、メーカもこのあたりを想定して欲しいものです。

| kAbajyU | 2006/10/10 06:34 | URL | ≫ EDIT

プラスチック ホイッスル

PING:
BLOG NAME
これからも更新頑張ってください!

| | 2006/09/30 00:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nefa.blog117.fc2.com/tb.php/190-6eeeb5f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。