PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Android Marketの裏側

今日は普段ユーザーが見る事の無い、Android Marketの裏側を少しご紹介。

Android Marketの開発者ページでは公開しているアプリケーションの状況を見たり、新規にアプリケーションを公開したりする事が出来ます。トップページはこんな感じ。

20110205a.jpg

公開しているアプリケーション、評価、ダウンロード数、エラー報告の状況等が見れます。

アプリケーションの管理画面では画像や説明文、更新用ファイルのアップロード等が出来ます。世界に公開出来るので、説明文等は複数の言語を入力する事が出来ます(私の場合は英語と日本語のみ設定)。

20110205b1.jpg

Android Marketを開くと他のユーザーさんのコメントが見れますが、表示されるコメントは言語設定で設定している言語のものしか表示されないらしく、実際には世界各地からコメントが寄せられています(言語設定を変えるとその言語のコメントが見れます)。



開発者ページでは寄せられている全てのコメントが一覧で出てきます。

20110205b.jpg

見ただけでは何の言語がさっぱり分からないコメントもあります。Google翻訳に翻訳お願いして「スウェーデン語だ」「オランダ語だ」とか分かったりします。翻訳せずとも大体何を書いてあるか分かるものがあったり、翻訳してみて初めて「動かねぇぞって書いてあるのか」と分かったり。なかなかグローバルな世界です。

Gmailでもちょくちょく質問等きますが、メールでは英語で来ます。

そして、便利かつ恐怖な機能としてエラー報告があります。アプリケーションがエラーを起こした場合、「レポート」のボタンが出てくる事があると思いますが、そのレポートボタンを押すと開発者にエラーの内容が送信されます。そのレポートが↓な感じで見れるわけです。

20110205c.jpg

開発者が持っている端末ではエラーが起こらなくても、他の端末ではエラーとなったりするのでこの情報は役に立ちます(たぶん)。

エラーは種別ごとに分類して表示してくれます。

20110205d.jpg

で、詳細を開くとどこでエラーが起こったか、ソースコードの行数まで表示してくれる親切設計なのですが・・・

20110205e.jpg

ただ、これだと変数の内容やどの様な経緯でエラーが起こったかまでは分からないので、とりあえず「たぶんこうやってエラーになったんだろう」と推測して修正を加えたり、「よくわからんけどとりあえずエラー発生しても落ちないように回避だけ入れとこう」(こっちが多い)てな感じで修正を加えてバージョンアップします。

レポートが上がり、特に数が多いと「修正しないといけないな」と思い、ユーザーのコメントもついていると「修正してあげるか・・・」と思うので、エラーが発生したら出来るだけ「こんな事してたらエラーになりました」のコメントを添えてレポートをあげてあげると開発者さんの対応が早くなるかもしれません。あまり数が多くなると「もう嫌。放置プレイ」となる開発者さんもいるかもしれませんが・・・。

コメント付きで評価をもらえると、良い評価も悪い評価も開発者としては次のバージョン・新作ソフトへの意欲へと繋がりますので、是非コメントや評価を付けましょう(^-^)

以上、Android Marketの裏側でした。

| デジタル小物 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nefa.blog117.fc2.com/tb.php/337-48979e0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。