PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

viliv N5を快適化

3月頃から一ヶ月近くは種類の違う風邪に連続してかかりダウンし、その後はやる気がでずだらだら過ごしていました。そろそろ新しいプログラム作りたいけどなかなか取りかかりが・・・

さておき、viliv N5は便利で割と高画質な動画もストレス無く再生できるので(エンコーディングにもよりますが)購入してから良く使っています。ただ、普段アドオンの多さからブラウザはFirefoxをメインで使っているのですが、viliv N5でFirefoxを使うと、やたらとSSDアクセスランプがつきっぱなしになってビジー状態となり、待たされる事が多く、かなりストレスになってました。

ホームページを見ようと、電源を入れて復帰した時点で数分ビジー。タブをいくつか開くとまたビジー。タブを切り替えるとまたビジー。酷い時には、5分くらいずっとSSDビジー状態。

メモリ使用量を見ると900MBぐらい使っているので(N5は物理メモリ1GB)、メモリが足りなくてページファイルのスワップが多く発生しているのかも、と思い、常駐ソフトを削って見ましたがあまり変わりなし。Aeroを切ってみても逆に重い感じが。microSDスロットを使っていなかったので、余っている4GBのメモリを使ってReadyBoostを有効にしてみました。

20110511a.JPG

ReadyBoostは、メモリカードを使って物理メモリ不足を少し補うという物。ReadyBoostを使うには、メモリカードを差し、Explorerでメモリカードのドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。



20110511b.jpg

プロパティ画面で「ReadyBoost」のタブが出てきますので(メモリのスペックがReadyBoostとして使える場合。スペックが弱いと使えません)、タブを開いて有効にします。

20110511c.jpg

これで気持ち動作が軽くなった様な気がします。が、ビジー状態は頻発していたので、軽さで売り出しているGoogle Chromeをインストールしてみました。

20110511d.jpg

Google Chromeはデスクで一度入れたのですが、FireFoxと動作あまり違いわからなかったし、使い勝手がいまいちなのと欲しい拡張機能が多数不足していたので、これまであまり興味がありませんでした。

が。

viliv N5に入れて使ってみた所・・・ なにこれ!?軽い、軽すぎる!全然ビジー状態にならないし、新しいタブどんどん開けるし切り替えられるし。ChromeスゲーΣΣ(゚Д゚;) って感じでした。いやぁ、軽いって謳い文句は本当だったんですね。機能はやっぱり足りないのでデスクのメインでは使いませんが、非力PCには凄くいいかも。

すでにChrome使っている人には無意味な情報でしたが、ネットブックとかでFireFoxとか使っていてストレスになっている人は、一度Chromeお試しあれ。

| デジタル小物 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nefa.blog117.fc2.com/tb.php/347-ab49e65a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。