PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Windows用Dynamic DNS 自動アップデータ

昨日の記事で自宅サーバーを立てた事を書きましたが、サーバーをWindowsにした事で発生した問題の一つに、Dynamic DNSの自動更新があります。

現在Dynamic DO!のddo.jpの無料サービスを利用させて頂いているのですが、Linuxサーバーの時はcrontabとwgetで定期的にURLにアクセスするだけで良かったのが、Windowsの場合簡単に自動的に定期的にURLアクセスする方法がありません。

検索した所DiCEと言うツールが定番の様ですが、フリー版はタスクトレイ常駐型でユーザーがログインしていないと動かない。カンパしたらサービス版+メール通知などの機能を持ったソフトも使えるようになる様ですが。なんかもっとそういうソフトあって良さそうなのですが、意外と見つからない。なぜ?

とりあえず定期的にURLアクセス出来れば良いだけだし、銀行振り込みとか連絡とかの手間の方が自分で作る手間より面倒だし、と言うわけで定期的に指定URLにアクセスする簡単なサービスプログラムを作りました。とりあえずちゃんと動いている模様。

欲しい人はここに置いておくので勝手に持ってって下さい

以下、Readmeの内容。

---------------------

Windows用Dynamic DNS自動アップデータ

dnsupdater_setup.exeを実行しインストールすると、下記ファイルがインストールされます。
インストール直後からサービスが動き始めます。

c:\windows\system32\dnsupdater.exe
c:\windows\system32\dnsupdater.ini

ドライブはシステムにより異なる場合があります。

インストール後、dnsupdater.iniファイルを編集して下さい。iniファイルの内容はリアルタイムに反映されます。
dnsupdater.exeはサービスとして動作し、指定間隔で指定URLにアクセスします。ログインしていなくても動作します。

使い方としては、Dynamic DO!の無料版サービスであれば、iniファイルのurlに

url=http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=ユーザー名&pw=パスワード
interval=600

の形式で記述しておくと、10分毎に自動的にIPアドレスを更新してくれます。
Windows XP ProfessionalとWindows 7 Ultimate 64bitで動作確認しています。

実行結果はアプリケーションイベントログ及び、iniファイルのlastlogに記録します。
エラーが出ている場合、iniファイルにlog=1としておくとdnsupdater.txtに取得内容が保存されますので、多少原因が分かるかもしれません。

本ソフトはフリーウェアです。ご自由に使い下さい。再配布etc自由にして頂いてかまいません。
但し、自己責任でお願いします。こちらはサポートや保証その他一切行いません。

NeFa Studio 2012.7.24

| 開発 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nefa.blog117.fc2.com/tb.php/373-ceb07322

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。